やどかりF.C.
さいたま市の精神障害者によるフットサルチーム
プロフィール

やどかりF.C.

Author:やどかりF.C.
やどかりF.C.は,主に埼玉県さいたま市で活動する公益社団法人やどかりの里を母体とした精神に障害を持つメンバーにより構成されたフットサルチームです.

メンバー募集中!!
ただし,やどかりの里を利用されている方に限ります.
sono@mbf.nifty.com
↑こちらまでメールをお願いします.

公益社団法人やどかりの里
http://www.yadokarinosato.org/

カテゴリ

上のカテゴリほど最新の情報です。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

 QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やどかりF.C.メンバーの追悼試合
今日は、5月4日に亡くなったやどかりF.C.メンバーの追悼セレモニーを北与野にあるラダースポーツで行いました。

忙しい中、亡くなった彼のお母様と弟さんが来てくださり、弟さんには追悼試合にも参加していただきました。

亡くなったやどかりF.C.メンバーは、私のことを親友だと言ってくれていたただ一人の友人でした。
5月3日に行われたスマイルサッカー大会の準優勝という結果をメールで報告した際には、病院のベットで喜んでくれていたようで、完治したら自分が入って優勝だと語っていたと後にご家族からお聞きしました。

まさか、その次の日に亡くなってしまうとは・・・。

試合後、弟さんが語られたように今日の試合にいちばん参加したがっていたのは亡くなった彼かもしれません。
曇っている空模様の中、差し込んだ日差しは彼が微笑みかけているかのようでした。

20名以上が参加した今日の日は、やどかりF.C.以外に昔ながらの彼の友人も参加し、一緒になって汗を流しました。友人の友人と繋がることの素晴らしさを感じたひと時でもありました。

これだけの人が集まる彼の人望の厚さは、彼の優しさや礼儀正しさから来ていると思います。
好きなことに対して真っ直ぐで、そして人に対してとても素直で・・・。

彼と過ごした数年間は、私にとってとても深いものでした。
人を信じ繋がることの素晴らしさを教えてもらいました。

こうして私はまだフットサルを続けています。
また彼のような人に出会える日を願って。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。