やどかりF.C.
さいたま市の精神障害者によるフットサルチーム
プロフィール

やどかりF.C.

Author:やどかりF.C.
やどかりF.C.は,主に埼玉県さいたま市で活動する公益社団法人やどかりの里を母体とした精神に障害を持つメンバーにより構成されたフットサルチームです.

メンバー募集中!!
ただし,やどかりの里を利用されている方に限ります.
sono@mbf.nifty.com
↑こちらまでメールをお願いします.

公益社団法人やどかりの里
http://www.yadokarinosato.org/

カテゴリ

上のカテゴリほど最新の情報です。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

 QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふれあいフットサル大会


11月3日(土)文化の日にレッズランドにて“ふれあいフットサル大会”が行われました。

天気にも恵まれ秋晴れの空の下、1.小学生の部(障害なし)、2.中学生の部(障害あり)、3.一般交流の部、4.ふれあいMIXの部(混合)のそれぞれに分かれて試合が行われ、やどかりF.C.は、4.ふれあいMIXの部(混合)にエントリーしました。

ふれあいMIXの部は、障害のあるなし混合のチーム編成ということで、特別支援学校から参加されている方々は教師と生徒の混合というチーム編成が多かったようで、やどかりF.C.含めて4チームの参加がありました。

やどかりF.C.としては、一般交流の部に参加したかったのですが、やどかりの里のメンバーだけでは人数が集まらないということが予想されていたので、スタッフも混ざり、ふれあいMIXの部への参加ということになりました。


試合のほうはというと…

1試合目 やどかりF.C.×FCアドバンス(2-0)

2試合目 やどかりF.C.×大宮北特別支援学校F(3-0)

3試合目 やどかりF.C.×上尾特別支援学校(2-1)


という結果に。


特別支援学校の教師が生徒を支え、ほのぼのとした中で試合が行われました。

今大会のやどかりF.C.には、ルポーズから男女1名、大宮中部活動支援センターからも男性1名の初参加のメンバーもおり、そんな中、2008年チーム結成時からのメンバーの初ゴールも生まれたので、微笑み合うメンバーの間には和んだ空気が流れていました。

普段のSリーグの激しい戦いとは違い、本当にフレンドリーな大会でした。
筆者自身、参加するかどうか迷っていた中での参加でしたが、とても楽しい1日でした。やはり、支えてくださっているやどかりの里のスタッフが大勢来てくださるということは、すごく安心感がありました。

人はみんなに支えられている。そんなことを思った1日でした。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。